生活習慣や食生活が乱れると栄養不足になって薄毛が進行する

薄毛の原因は男性ホルモンの分泌が多くなって遺伝的なものが原因と言われていますが、最近では20代の若い世代でも薄毛に悩んでいる人が多いので薄毛の原因も他にあるようです。

20代の若い世代は仕事をするようになって一人暮らしを始める時期でもあります。そのため生活習慣が乱れて夜更かしをしたりファーストフードやコンビニ弁当で食事を済ませたりして食生活が乱れたりします。

生活習慣や食生活が乱れると栄養不足になって頭皮環境が悪くなってしまい抜け毛が増えてしまって薄毛が進行してしまいます。

薄毛を予防するには育毛剤を使用して頭皮マッサージをするというのが主流ですが、育毛剤を使用するだけでは薄毛の原因を取り除いた事にならないので対策としては不十分です。

そのため薄毛の原因を取り除くという事から始めなければいけません。薄毛の原因は主に生活習慣と食生活の乱れなのでそこを改善する必要があります。

生活習慣に関しては睡眠を規則正しい時間にするという事でしょう。

特に体の細胞分裂は22時~2時の間が一番活発になるのでこの時間帯には睡眠を取って起きたいところです。この時間帯に睡眠を取るようにすれば健康な髪の毛を生成する事が出来ます。また睡眠時間は必ず7時間以上を取るようにした方がいいでしょう。

食生活に関しては髪の毛の原材料と言われるタンパク質を取っていく事が大切です。

タンパク質にも動物性と植物性の2種類があって動物性のタンパク質は肉類などに含まれていて、植物性のタンパク質は納豆や豆腐など大豆製品に含まれています。動物性と植物性のタンパク質をバランス良く取っていく事が大切ですが、動物性のタンパク質が含まれている肉類は脂質も多いので、なるべく植物性のタンパク質が含まれている納豆や豆腐を食べるといいでしょう。

特に納豆はイソフラボンという女性ホルモンに似た成分も含まれているので髪の毛の発達を促してくれるので毎日食べる習慣をつけておくといいでしょう。