髪の毛の成長と睡眠は大きく関係している

髪の毛の成長と睡眠は大きく関係しています。そのため睡眠不足を解消することや、ふさわしい時間帯に睡眠を取ることが必要です。まず髪の毛の成長は細胞分裂の一種です。そして細胞分裂は睡眠を取ることで活発になります。また22時から2時の間は細胞分裂が最も活発になる時間帯です。

この時間帯に睡眠を取ることで細胞分裂をさらに活発にすることができます。そのため22時から2時の間に熟睡できるようにすれば、育毛を期待できます。

また頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまうとそこが炎症を起こしてしまい、抜け毛が生じてしまいます。このようなことを避けるために、皮脂の過剰分泌を防ぐようにするべきです。まず油っこいものをたくさん食べる習慣があると、必然的に皮脂もたくさん分泌されてしまいます。

そのため油ものの過剰摂取は避けるようにします。また頭皮の皮脂を洗い流し過ぎると、逆効果を生じさせることがあります。皮脂は頭皮を乾燥や紫外線から守る大切な役割を果たしています。そのため皮脂が頭皮から取り除かれた状態が長時間続くと、脳は皮脂の分泌量が足りないものとみなし、さらなる分泌を命令します。

このような流れで皮脂の過剰分泌が生じてしまうのです。

そのためシャンプーを使って頭を洗う回数は1日に1回程度とするのがベストで。また洗浄力の強いシャンプーも場合によっては頭皮の過剰分泌を招きます。そのため注意が必要です。意外なことかもしれませんが、頭皮の汚れはお湯で洗い流すだけでもかなり落とすことができます。

それでシャンプーをつけて洗う前に、まず頭をお湯のみで1分ほど洗い、その後洗浄力のよ弱いシャンプーを使用して洗うことで頭皮をすっきりさせることができます。またシャンプーを行う前に頭皮マッサージを行って血行をよくすることで育毛を促すことができます。また頭皮マッサージによって毛穴に詰まった汚れを押し出すことが可能であり、その後シャンプーを行えば毛穴をより清潔に保つことができます。