カテゴリー別アーカイブ: 症状

抜け毛や薄毛が気になりだしたらまず見直したいこと

髪は男女ともに大切なものですね。

いつしか老化現象で抜け毛や薄毛が訪れる日も来るかと思いますが、それほど年齢がいっていなくても、ある日気づいたら、抜け毛が多くなっていたり、髪のボリュームの変化が気になりだしたという事も少なくないかもしれません。

そんなとき、まず一呼吸置いて考えてみてください。食事、睡眠、運動、などです。これは健康な髪の根本的なものです。食事は偏っていないか?睡眠は十分とれているか?運動不足ではないか?等、自分の生活習慣を見直すことから髪のトラブル改善は始まります。

髪はたんぱく質が主成分ですが、栄養バランスが最も重要です。そのためにはバランスの良い食事が欠かせません。外食が多くなっていたり、特定のものしか食べなかったり偏食が多くなると髪に少なからず問題が起きてしまうこともあります。ですのでバランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

次に睡眠ですがこれも健康な頭皮や髪にはとても重要なものです。

睡眠の間に成長ホルモンが分泌されて髪が育ちます。成長ホルモンが多く分泌されるのは夜の10時から夜中2時頃と言われています。ですので髪にトラブルを抱えている人はなるべくこの時間帯に眠れるようにすると良いでしょう。なかなか難しいかもしれませんが少し気にしてみるといいかもしれないですね。

最後は運動です。運動をすると全身の血行を良くします。すると頭皮の血流も良くなり、毛根が活性化されるのでより早く健康な髪が生えてくることが望めます。ウォーキング20分でも、全身の血流が良くなりますからおすすめしたいですね。

このように、抜け毛や薄毛は何かしら原因があるものだと思うので、まずは食事、睡眠、運動の点から、見つめ直し、改善出来そうなところが見つかれば改善していくと、頭皮や髪のトラブルに打ち勝てるかもしれません。髪のトラブルはつらいものですが、あまり悲観的にならずに生活習慣を見直し改善すると気持ちも明るくなれますよ。

女性が薄毛に悩んでも男性用の育毛剤はやめておこう

女性も薄毛に悩む人は多いですから、育毛剤を使う人がいます。

育毛剤といえば男性用の育毛剤が多い事から使いたくなる女性もいますが、あまりお勧めではできません。

男性用育毛剤を女性が使用しない方がいい

薄毛に悩んであるいは髪の毛をキープするために女性も育毛剤を使いたい人がいますが、女性が育毛剤を利用する時に注意する事は、女性は女性用の育毛剤を使う事が基本である事です。数ある育毛剤ですが、商品のパッケージには女性用と記載されているもであったり、男女兼用と記されているものはあります。しかし、男性用と記載されている製品はほとんどないのです。

それゆえ、女性も使う事ができそうだ、と思い本当は男性用の製品を使ってしまうのです。テレビのCMで見た事があったり男性に効果があったなどと聞くと、自分にも効果があると安易に考えてしまいます。しかし、男性用の育毛剤を女性が使用するのはやめておいた方がいいでしょう。・女性が男性用育毛剤を使わない方がいい理由 女性の人は男性よりも肌が敏感な人が多いです。

そのため刺激が強い育毛剤を使ったら炎症やかぶれを起こす事があります。また男性用育毛剤の場合は男性ホルモンを抑える作用がある製品が多いですから、男性ホルモンがそもそも多くない女性が使用してもあまり効果は見込めないです。

女性用の育毛剤や男女兼用タイプの育毛剤なら比較的に刺激が低い傾向にあるので、女性が使用してもいいでしょう。薄毛になる理由は毛母細胞の酸素不足や栄養不足にあります。その酸素や栄養が足らなくなる事がないように、頭皮を清潔にして血流を活発にする事が重要なのです。

この点は女性でも男性でも同じ事です。その意味では頭皮を健康に保つために使う育毛剤に男女の区別は必要ないはずです。しかし、男性の場合は皮脂の分泌量が多く刺激には強い傾向にあります。そのため男性用育毛剤の場合は皮脂を取り除く成分や血液の流れを良くする成分が含まれています。

そのため女性には向いていません。薄毛に悩む女性も男性用の製品よりも男女兼用や女性用の育毛剤を使うようにしましょう。

女性の場合は40代から薄毛の悩みが深刻化していく

女性も年齢を重ねるといろいろと体に不調が出てきますが、薄毛も進行していきます。女性の場合は40代から薄毛の悩みが深刻化していくようです。ここでは女性の薄毛について勉強しましょう。

40代から薄毛が気になりだす理由

いつの間にか進行している女性の薄毛。40代の女性の薄毛は女性ホルモンのエストロゲンが大きく関係しています。この女性ホルモンは毛髪を発達させ毛髪の成長期を持続させる働きがあります。しかし少なくなると髪の成長期が短くなり、休止期が長くなります。

エストロゲンの分泌は28歳ごろがピークと言われています。その後は年を取るごとに減少していき、閉経後にはほとんどなくなります。更年期にさしかかる40代はエストロゲンが減少していき1つの毛穴からの髪の本数も減り、髪の毛そのものも痩せて細くなり髪の色も薄くなっていきます。結果として全体的に薄毛になります。これは女性の脱毛症で女性型脱毛症やび漫性脱毛症と言われています。

自分の頭頂部を確認してみる

これは少しショックを受ける結果になるかもしれませんが、自分の頭頂部をチェックしてみましょう。あまり自分で頭頂部を見た事がないのでは?思っていた以上に薄毛が進行していてびっくりするかもしれません。できれば写真を取ると良いですね。それから1か月ごとに記録して頭頂部の変化を確認します。薄毛が進行しているのかチェックしてみましょう。薄毛進行に早く気づく事ができれば、それだけ早く対策を打てます。

対策

まずは睡眠をしっかりとる事です。40代にもなるといろいろな事を背負い悩みも増えますが、健康な毛髪を育てるには睡眠が大事です。次に今使っているシャンプーを見直すことも大事です。頭皮に合わないシャンプーは髪のトラブルや頭皮トラブルを引き起こしますから気を付けましょう。

それから頭皮をマッサージして血流を改善しましょう。この事で必要な栄養素がしっかりと運ばれるからです。それから髪に良い食事を摂りましょう。それも髪に良いものだけではなくていろいろな食べ物をバランスよく食べる事が大事です。40代から深刻になる薄毛ですが、早く気づいて対策をうてば10年後、20年後の自分が違いますよ。